宇佐美貴史が勝てなかった天才は生田隆司!プレイスタイルや消えた理由とは?

   

Pocket

 

宇佐美貴史選手が勝てなかった天才は生田隆司さん!Uー15日本代表にも選ばれた天才レフティー生田隆司さんでしたが・・。

 

今回は生田隆司さんのプレイスタイルをご紹介します。

 

そしてそれほどまでの天才がなぜ消えてしまったのでしょうか。その理由に迫ります。

 

Sponsored Link

 

宇佐美貴史が勝てなかった天才は生田隆司!

 

宇佐美貴史選手が勝てなかった天才は生田隆司さん!一体どんな人なんでしょうか!?

 

生田隆司さんは大阪府出身で年齢は現在36才。かつてUー15(15歳以下)日本代表にも選ばれたことがある天才レフティーでした。

 

生田隆司の経歴&現在の仕事は?どん底を救った恩師の言葉とは?

 

しかもその時の背番号は10番!まさに次世代のエースストライカーとして将来を期待されていました。しかし高校時代になると年代別の日本代表には選ばれなくなりました。

 

生田隆司さん本人は相当ショックだったと語っています。一体何があったんでしょうか。

 

 

 

生田隆司のプレイスタイルは?

 

生田隆司さんのプレイスタイルは「才能あふれる天才ドリブラー」という感じです。14才で選ばれたUー15日本代表では背番号10番を背負ったことからわかる通りドリブラー&エースストライカーでした。

 

14才にしてUー15の日本代表に選ばれた生田隆司さんのテクニックにまわりは度肝を抜かれたことでしょう。

 

度胸もテクニックもすばらしいものを持っていた生田隆司さん。さらに左足から放たれるシュートは「将来の日本代表」の姿を想像させてくれました。

 

中村俊輔さんや久保竜彦さんような世界が驚くようなレフティーになっていたはずです!しかし・・・

Sponsored Link

 

天才生田隆司が消えた理由とは?

 

天才ストライカー生田隆司が消えた理由はズバリ「性格」と「ケガ」です。

 

幼少期の天才ストライカーに見られる一種のうぬぼれがありました。これは生田隆司さん本人が「完全にうぬぼれていた」と語っていることからもわかります。まだ当時14才だった生田隆司さんが自分の才能にうぬぼれてしまうことはある意味仕方がないことです。

 

もう一つの理由は「ケガ」です。高校時代になるとケガに悩まされ自分が思っているようなサッカーがまったくできなくなりました。つらいリハビリの毎日に生田隆司さんの気持ちは次第に沈んでいきます。

 

生田隆司の経歴&現在の仕事は?どん底を救った恩師の言葉とは?

 

しかし現在、生田隆司さんはサッカーに関係する仕事についてがんばっています。全然消えてはいなかった!生田隆司さんの今後の活躍を期待します。

 - スポーツ , , , ,