生田隆司の経歴&現在の仕事は?どん底を救った恩師の言葉とは?

   

Pocket

 

生田隆司さんはかつてガンバ大阪のジュニアユース選手として活躍されました。その生田隆司さんの経歴についてお伝えします。

 

そして生田隆司さんの現在の仕事を紹介!

 

さらにどん底の生田隆司さんを救った恩師とその言葉とは一体どんなものだったんでしょうか。

 

 

Sponsored Link

 

 

生田隆司の出身や年齢など経歴は?

 

生田隆司さんの出身や年齢など経歴を紹介します。

 

生田隆司さんは大阪府箕面市出身、1982年7月3日生まれで年齢は36才、身長174cm、体重63kgです。ちなみに血液型はO型だそうです(^^)

 

経歴

 

・ガンバ大阪ユース

・Uー15(15歳以下)日本代表

・関西大学サッカー部

・FC.FEICHANGHAO

・FC.MOJYA

・関大クラブ2010

 

と様々なクラブチームでプレイをされていました。

 

中学3年生で年齢が14才のときに生田隆司さんはUー15日本代表候補合宿で「エースナンバー10番」に選ばれました。サッカーで10番といえばエースストライカーです。サッカー選手だったら一度はあこがれる背番号ですがその素晴らしい経歴が逆に生田隆司さんをうぬぼれさせた原因かもしれません。

 

実際に生田隆司さんは「完全にうぬぼれていました」と発言されています。そのことが影響したのかそのあと何回かは代表合宿に招集されましたがある日を境に代表には呼ばれなくなりました。

 

14才という年齢はまだ子供です。生田隆司さんは相当ショックだったでしょう。そして自身のけがやさらに追い打ちをかけるように15才の誕生日の次の日、7月4日に最愛の母が天国へと旅立たれました。生田隆司さんの落ち込み方は想像を絶するほどだったでしょう。

 

高校時代もケガに悩まされていた生田隆司さん。どん底のサッカー人生を救ってくれたのが当時ガンバ大阪ユースの監督をされていた西村昭宏さんでした。生田隆司さんの懸命なリハビリをちゃんと見ていてくれたんですね。

 

結局、ガンバ大阪ユース時代は思ったような活躍はできませんでしたが西村昭宏さんとの出会いは生田隆司さんの経歴の中で一番大切なものだったのかもしれません。

 

 

生田隆司の現在の仕事は?

 

生田隆司さんの現在の仕事は「NEWJI(株式会社ISB)」という会社で働かれています。この会社はサッカーと仕事をつなげる仕事をされています。

 

サッカーが好きな人ならサッカーに関係する会社につとめたいと思っている人も多いでしょう。そんな人たちとサッカーの関連企業とを結びつける仕事を生田隆司さんはされているんですね。

 

サッカーに育ててもらった自分ができること・・・それはサッカー界に恩返しができるような仕事をすること。そんな思いで生田隆司さんは「NEWJI(株式会社ISB)」をサッカー仲間とともに立ち上げました。これからもサッカー界のため、そしてサッカーを仕事にしたいと思っている人たちのためにがんばってもらいたいと思います。

 

 

Sponsored Link

 

どん底を救った恩師 西村昭宏さんの言葉とは?

 

生田隆司さんのどん底を救った恩師 西村昭宏さん(元ガンバ大阪ユース監督)の言葉

 

「どんな時でも、どんな場所でも、どんな相手でも、全力で戦え!」

 

です。

 

これは現在の生田隆司さんのにも影響を与えています。生田隆司さんの夢は加茂商事を超えることだそうです。加茂商事はサッカー日本代表の元監督「加茂周」さんの実弟である加茂健さんが社長を務める大きな会社です。

 

この加茂商事も大阪を拠点にサッカー関連のショップを展開している大きな企業です。その大きな企業に挑む生田隆司さんのチャレンジ精神はすごい!どん底のサッカー人生のときに出会った西村昭宏さん(元ガンバ大阪ユース監督)の言葉があったからだと思います。

 

「どんな時でも、どんな場所でも、どんな相手でも、全力で戦え!」

 

という言葉が繰り返し生田隆司さんの頭の中に流れているのでしょうね。

 

生田隆司さんの夢がかなうように「サッカー×仕事」の事業がうまくいくように応援します。がんばれ、生田隆司さん!

 

山下真瑚がかわいい!中学や高校など経歴&グランプリシリーズの使用曲を紹介!

 

まとめ

・生田隆司さんの経歴

・生田隆司さんの現在の仕事

・生田隆司さんを救った恩師の言葉

 

以上についてお伝えしました。最後までご覧いただきましてありがとうございました

 - スポーツ , , , , ,