安田純平さんに賛否の声→人の言動を気にすると幸せになれない話

   

Pocket

 

いまテレビで安田純平さんについての報道が盛んにされています。

安田純平さんの行動に対して賛成も反対もしないほうがいい理由があります。

人の言動を気にするとあんまりいいことがないような・・・

 

 

 

安田純平さんの行動に対して賛成も反対もしないほうがいい理由

 

安田純平さんが海外に取材にいくと決めたのは自分です。危険な地域での取材は自粛してくださいといくらいわれてもそこへいったのは自分の意志です。

 

だから安田純平さんが海外に取材に行ったその行動にたいしても、わたしだったら「ああ、そうか」と思うだけです。たとえそのあと彼がどんなにすばらしい取材をしても何者かにつかまったとしても・・・

 

人のことに無関心になれといっているわけではなく、一人前の大人が自ら下した決断にたいしてほかの人が必要以上に騒ぎ立てないほうがいいのです。

 

安田さんは立派な大人なのですから海外に取材に行った後どんなことが待ち受けても自分で対処できるはずです。その自信があったから海外に取材に行ったとも言えます。

 

これに賛成であっても反対であっても他人のことを気にすると幸せになれない理由があります。

 

人の言動を気にすると幸せになれない話

 

今回の安田さんの件に限らず人のことを気にしすぎるのはあまりお勧めはしません。なぜならば自分と人を比べているからです。人とくらべると「嫉妬」「妬み」「恨み」「嫌悪」などなど負の感情がわいてくる可能性が高いのです。

 

もちろん人とくらべることによって自分の成長を促すということもありますのですべては否定しませんが、基本的には他人ではなく自分とくらべたほうが良いのです。

 

つまり過去の自分と現在の自分をくらべてどれくらい成長しているのかを確かめることをおすすめします。結局は自分との闘いです。過去の自分にまけないように努力することこそ自分が幸せになるための第一歩だと思います。たとえそれが小さな一歩だとしても数年たつととんでもない成長になっています。

他人の言動にあまり一喜一憂せず自分の幸せのために一歩、一歩コツコツ少しでもかまわないので努力したほうが自分の幸せにつながる気がしてなりません。今回の安田さんの賛否を見てそう思いました。

 - 日記