【副業禁止の企業】その思惑とリスクについて

   

Pocket

 

副業解禁の流れが止まらない中、いまだに副業を禁止している企業があります。

副業を禁止している企業の思惑やそのリスクについてまとめます。

 

 

 

副業禁止の企業のおもわくについて

 

そもそも副業は法律で禁止されていません。つまり企業側が副業を禁止しているのは法律違反になるんです。勤務時間外の行動は自由のはずですが・・・。もうこれだけで副業を禁止している企業のやばさがお分かりいただけると思います。

 

ただし副業が禁止される場合もありますのでご注意ください。たとえば

・会社の機密漏洩

・会社の顧客を奪う行為

・勤務時間内

・勤務に影響が出るような副業

 

以上の副業はしてならないのでご注意してください。

 

逆のことを言えば以上のことについて反しない限り副業はしていいということになります。それを禁止する企業の思惑とは・・?

 

それは「忠誠心」です。なんだか昭和的といいますか前時代的な感じがひしひしとしますね・・・(^_^;)つまり企業で働く社員は忠誠心で評価されている場合が大半なんです。

 

だから、良い成績を上げるとか、職場環境を効率的にしていくとか、会社のために悪いところを指摘するということよりも「忠誠心」で評価される企業が多いのです。

 

その忠誠心を測るために副業を禁止しているのです。いや~率直に言って副業を禁止している企業は怖いですね・・・(^_^;)

 

副業を禁止するリスクについて

 

副業を禁止するメリット(?)は以上で述べましたが今度はリスクについてお伝えします。

 

副業を禁止することは企業にとっても実はリスクなのです。副業を禁止している企業は「閉鎖的」「保守的」「利己主義」に陥りやすくなります。

そうですよね、「忠誠心」が一番ですから、余計なことをしたら怒られます(>_<)

社員が余計なことをせず保守的になると当然、新しいものは生み出しにくい環境になります。そういう会社の朝の通勤風景を想像するとちょっと怖い気がしますけどね。みんな目が・・・活力がないなぁなんて思うでしょう。

副業をすることによって経営者目線での考え方が鍛えられそれが企業にフィードバックされて好循環を生み出す、副業をすることによって仕事がより効率的に行えるというふうに思うのですが。

 

副業を禁止している企業の経営者のかたはそうは思わないんでしょうね・・・。

 - 日記