廣瀬永和監督の年齢や大学など経歴を紹介!野口みずきを育てた指導法とは?

   

Pocket

 

廣瀬永和監督は現在、岩谷産業株式会社の陸上競技部の監督をされています。

2018年10月21日に行われたプリンセス駅伝で飯田玲選手が負傷して四つん這いになるというハプニングが起きてなにかと話題の岩谷産業陸上競技部の廣瀬永和監督の経歴などをご紹介します。

アテネオリンピック金メダリスト野口みずきさんを育てた廣瀬永和監督の指導法にも迫ります。

Sponsored Link

 

廣瀬永和監督の年齢や出身大学は?

 

廣瀬永和監督1965年7月16日生まれで年齢は53才大学は立命館大学、出身は兵庫県です。現在は岩谷産業株式会社の陸上競技部の監督をされています。

 

そしてなんといっても廣瀬永和監督といえば野口みずきさんですね。野口みずきさんは2004年におこなわれたアテネオリンピックの女子マラソンで金メダルに輝きました。その野口みずきさんを育てた監督として有名です。

 

岩谷産業は2016年に陸上競技部を創部してそのとき同時に廣瀬永和監督を招へいしています。野口みずきさんを育てた監督を招へいするあたり岩谷産業が陸上競技部にかなり力を入れていることがうかがえます。廣瀬永和監督ひきいる岩谷産業陸上競技部の当面の目標は全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(愛称はクイーンズ駅伝)に出場することです。

 

その目標のために日々厳しい練習を選手に指示されて目標に向かってあゆみを進めているという状況です。

 

Sponsored Link

 

廣瀬永和監督の経歴は?

廣瀬永和監督は数々の有名企業の陸上部の監督をされています。その経歴を紹介します。

 

・1991年 株式会社ワコールの陸上部でコーチ

・1999年 グローバリー株式会社の陸上部でコーチ

・2005年 シスメックス株式会社の女子陸上部でコーチ

・2010年 シスメックス株式会社の女子陸上部で監督

・2016年 岩谷産業株式会社の陸上競技部で監督

 

廣瀬永和監督はここ25年以上陸上の指導者として活動された経歴があります。2004年のアテネオリンピックでは教え子の野口みずきさんが見事金メダルを獲得されたことで陸上の指導者としての評価を大きく高め廣瀬永和監督は名将にふさわしい地位を固めていきます。

 

 

野口みずきを育てた廣瀬永和監督の指導法とは?

 

野口みずきさんをオリンピック金メダリストに育てた手腕を高く評価された廣瀬永和監督の指導法はメンタルの強化がメインです。とにかく一番大事なことは気持ちの強さであると廣瀬永和監督はおっしゃっていました。実際に野口みずきさんは毎日毎日厳しい練習をこなしボロボロになるまで行いました。

 

その結果、野口みずきさんはぐんぐんと記録をのばして最終的にはアテネオリンピックで金メダルと取ることが出来ました。このことから廣瀬永和監督は気持ち(メンタル)がを大切に考えています。確かに気持ちが強い人ほど結果が出やすいのは事実です。

 

しかしすべての選手にそのメンタル重視の指導法が当てはまらないかもしれませんし今回のプリンセス駅伝での飯田玲選手がひざの皮がボロボロになっても四つん這いのまま進んでいる状況をみてちょっとどうかな、と思った人も多いのではないでしょうか。

 

飯田玲(岩谷産業)の年齢や高校など経歴を紹介!プリンセス駅伝とは?

 

根性やメンタルも大切なんですがそれで選手がけがをしてしまったり競技ができない体になってしまうと本末転倒です。一番大事なのは選手の体ですのでそこの部分をけっして見誤らないよに注意しなければならないのではないでしょうか。

メンタルの指導を大切にする一方で廣瀬永和監督は飯田怜選手がもう走れない状況をみてすぐ棄権を申し入れたそうです。結果的には競技審判に伝わるのがおそくてあの四つん這いの状況がうまれてしまいました。賛否があると思いますがいろいろと考えされられる場面でしたね・・・。

 

まとめ

・廣瀬永和監督の年齢や大学

・廣瀬永和監督の経歴

・野口みずきさんを育てた廣瀬永和監督の指導法

 

以上についてお伝えしました。最後までご覧いただきましたてありがとうございました。

 - スポーツ , , , , , ,