リチャードターナーの年齢や出身は?伝説の全盲マジシャンのテクニックに迫る!

      2018/10/22

Pocket

 

伝説のマジシャン、リチャードターナーをみなさんご存知ですか?プロのマジシャンたちもおどろく超絶テクニックでお客を楽しませてくれます。

そんなリチャードターナーの年齢や出身をご紹介します。

さらにリチャードターナーが超絶テクニックをみにつけるに至った道のりについても迫っていきたいと思います。

 

 

Sponsored Link

 

リチャードターナーの年齢や出身は?

 

本名、リチャード・エドワード・ターナー。まずは彼の年齢や出身をご紹介します。リチャードターナーは1954年6月16日生まれで年齢は64才出身はアメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴです。カリフォルニアのサンディエゴといえば「太陽」「海」「青い空」というイメージですね。

 

また映画「トップガン」の舞台にもなりました。幼少期のリチャードターナーはこういったサンディエゴの開放的で自由な雰囲気の中過ごしていたんでしょうね。サンディエゴ港とメキシコとの国境があることでメキシコ人をはじめ海外の多種多様な人たちが集まるこの町でリチャード少年の人格が形成されていきます。

 

荒々しくもこころあたたかい海の男たちにもまれながらリチャードターナーは少年から大人へと成長していきます。現在のリチャードターナーのどんな困難にも前向きに考えるこころがこのサンディエゴのまちで育まれていったのでしょう。

Sponsored Link

 

伝説のマジシャン、リチャードターナーが全盲になった原因は?

 

伝説のマジシャン、リチャードターナーは全盲です。彼が全盲になったのは9才の時の病気が原因です。その病気とは「しょうこう熱」細菌による細菌性疾患の一つです。

 

リチャードターナーは9才のときこの病気を発症し、だんだんと視力を奪われていきます。リチャード少年は本当に不安で怖かったことでしょう。ついに彼がまったく目が見えない全盲になったとき心の支えとなったのはカードマジックだったのかもしれません。

 

練習すればするほどうまくなれるという満足感、カードマジックを披露しておどろく大人たちの表情、そして視力が奪われていくという非常に困難な状況をカードマジックが忘れさせてくれます。リチャードターナーがカードマジックにのめりこんでいく状況がそこにあったのでしょう。

 

毎日毎日ひたすら練習することで伝説のマジシャンの基礎が作られました。もしかしたらリチャードターナーにとっては厳しい状況というより、毎日カードマジックができるという満足感のほうが強かったのかもしれません。病気にうち勝つ彼のマインドは称賛に値します。

 

伝説の全盲マジシャン、リチャードターナーが超絶テクニックを身につけた理由に迫る!

 

伝説の全盲マジシャン、リチャードターナーが超絶テクニックを身につけられた理由は彼が天才だったからでしょうか。その答えは世の中の一流と呼ばれる方々を見るとわかる気がします。イチロー、羽生善治、中田英寿、一流と呼ばれる方たちの成果はは終わりのない努力の果てにたどり着いた結果です。

 

リチャードターナーの毎日の果てしない努力の結果、超絶テクニックを身につけることができました。それが理由です。病気によって視力をうばわれたその後のリチャードターナーはとりつかれたようにカードマジックの練習をつづけます。多い時で一日に16時間以上練習していました。

 

カードマジックの練習をすることでマジシャンとしてのテクニックの向上、収入の安定化を得ることができます。そしてなによりカードマジックをしている最中は目が見えないという絶望を忘れられたのかもしれません。毎日努力をつづける大切さをリチャードターナーから気づかせられた気がします。

高谷新也の現在は?羽生善治が勝てなかった天才棋士の経歴を紹介!

そして彼はこれからも彼がマジシャンである限り努力を続けていくこととでしょう。その努力の果てに何が待っているかはわかりませんが彼の体が動く限りカードマジックをつづけていくのでしょうね。

 

まとめ

・リチャードターナーの年齢や出身

・リチャードターナーが全盲になった原因

・リチャードターナーが超絶テクニックを身につけられた理由

以上についてお伝えしました。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 - ゲーム , , , , , ,