将棋の奨励会とは?正式名称や入会試験の内容を詳しく解説します

      2018/07/10

Pocket

みなさんこんにちは!あゆむです。

将棋のプロってどうすればなれるんだろう?試験みたいのはあるのかなぁ・・と将棋のプロを目指すみなさんは疑問に思うこともあるでしょう。

ちなみにわたしは大人になってから本格的に将棋の勉強をはじめましたのでプロをめざそうなんて少しも考えませんでした。しかしこれから将棋のプロ棋士になりたいと思っている人は日本中にたくさんいると思います。

そこで今回は将棋のプロになるための道筋をわかりやすく解説します。

Sponsored Link

 

将棋のプロになるための第一関門「奨励会」とは?正式名称も紹介します。


 

奨励会とは将棋のプロ棋士養成機関です。じつは正式名称があるんですよ。「公益社団法人日本将棋連盟付属新進棋士奨励会」といいます。とてもながいですね・・・。

この奨励会に入らなければそもそもプロになることはできません。(プロ編入試験など例外はあります)ですから将棋のプロになろうと思ったらまず奨励会に入る必要があるのです。

永世7冠王という前人未到の大記録を打ち立てた羽生善治先生も初代永世竜王の渡辺明先生もどの大棋士の先生方も奨励会に入って修行をされたのです。将棋のプロ棋士目指す方々はまずこの奨励会に入ることを目標にしましょう。

奨励会試験の年齢制限について、早めの受験をおすすめします。


 

このプロ棋士になるための第一関門である奨励会に入るにもじつは15才以下という年齢制限があります(これも一部例外があります)

将棋は早く始めるほど実力が上がっていきます。ほかの競技にも言えることと思いますがとくに将棋は早く始めることが重要です。覚えることもたくさんありますしとにかく強くなるためには時間が必要なのです。

ですから15才を超えてしまうと厳しくなってしまうということで年齢制限が決められています。将棋のプロになろうかなぁと思っている人は早めに入会試験を受けることをお勧めします。

わたしのように大人になってからでは間に合いませんのであしからず(笑)私にはもともとプロになる実力はありませんでしたからいいとしてこれからプロをめざす方は早めに知っておいたほうがいいでしょう。

Sponsored Link

 

奨励会に入会するための試験「奨励会試験」はどのような内容でしょうか?解説します。


 

奨励会に入るための「奨励会試験」の内容について解説していきます。試験は一年に一回おこなわれています。

1次試験と2次試験とにわかれており1次、2次ともに実戦対局での試験です。そうです。いきなり本番の対局なんです。これがあまり知られていませんが非常に難関で合格率は相当低くなっています。

受験者同士が6回対局しそのうち4回勝てば1次試験合格、3回負けると不合格になります。奨励会に入ろうとするくらいですからお互いのレベルはかなり高いことが予想されます。相当強い者同士が戦いしかも勝ち越さなければならないなんて過酷です・・・。

1次試験を突破するといよいよ2次試験です。2次試験はなんと現役の奨励会との対局です。3回の対局のうち1回以上勝てば合格ですが奨励会員はプロ予備軍ですから勝つのは相当難しそうです。

しかしこれらを乗り越えてはじめて奨励会員になれるのです。プロをめざす方はぜひがんばって最初の関門である奨励会試験を突破されてください!

それでは、また次回。

今回も最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。



 - 将棋 , , , ,