経営者と従業員の本当の関係について

   

Pocket

 

働いても働いても生活が苦しいという話をよく聞きます。無駄遣いが多いとか必要のないところにお金をたくさん使うなどという場合はとりあえず置いといて普通に生活しているのに生活が苦しいのはなぜでしょう。

その理由は経営者と従業員との関係の真実を知れば理解できます。経営者と従業員は利益が相反しているのです。経営者の利益率が高ければ高いほど従業員は損をし、従業員の給料が高ければ高いほど経営者の利益率は下がることになります。

そこで経営者がなぜ経営をしているのかを考えてみましょう。それは社会貢献のためでしょうか、それとも世界のためでしょうか、それとも従業員のためでしょうか。経営者が会社を経営している理由はすごくシンプルです。その理由はお金を稼ぐためです。

より効率よくしかもたくさんお金を稼ぐために会社を経営しています。もちろん例外もあるでしょう。わたしは自分の利益を考えず全て社会や従業員に還元します。利益を考えずに会社を経営しています。という人も稀にいるかもしれません。

しかし、世の中のほとんどの経営者は利益を上げるために会社を経営をしているのです。そして利益をなるべく多くあげるためには経費を減らさなければなりません。一番の経費といえば人件費です。

これは反対の立場になって考えればすぐにわかります。もし自分が経営者になって利益をあげたいと考えるならば経費をなるべく抑えようを思うはずです。つまり人件費を低く抑えることをまず考えるでしょう。

非常に残念なことですが経営者と従業員がお互いに十分な利益を得て満足する日は基本的にこないことを意味します。絶対ではありませんが・・・。中には太っ腹で従業員にどんどん給料を払うような経営者がいるかもしれませんがそういう経営者はほとんどいないでしょう。

従業員の立場で考えると経営者が常に利益のことを考えていると仮定して物事を考えていく必要があります。そうすることで働いても苦しいという状況を改善出来る何かがわかるかもしれません。

 - 日記