黒木泰典のPL高校時代の成績は?現在の仕事や収入、経歴を調査!

      2018/11/27

Pocket

 

1985年桑田、清原のKKコンビとともに甲子園を沸かせた野球の黒木泰典さんについてお伝えしていきます。

黒木泰典さんのPL学園高校時代の成績はどのようなものだったのでしょうか。

そして現在の仕事や収入、さらには経歴などを紹介していきます。

Sponsored Link

 

黒木泰典(野球)のPL学園高等学校時代(1985年夏の甲子園)の成績は?

 

野球で甲子園を沸かせた黒木泰典さんがPL学園高等学校時代(1985年夏の甲子園)に記録した成績についてご紹介します。1985年(昭和60年)、桑田真澄、清原和博擁するPL学園高等学校は大坂の予選を破竹の勢いで突破!また甲子園に戻ってきました。

 

1985年8月14日におこわなれた第67回全国高等学校野球選手権大会2回戦での相手は東海大山形でした。この試合でPL学園は毎回得点というすさまじい記録を打ち立てました。

対東海大山形

東海大山形 001 000 015  7
PL学園  254 362 52×  29

この試合のスタメンは

1番センター 内匠
2番ショート 安本
3番セカンド 松山
4番ファースト清原
5番ライト  黒木
6番レフト  今岡
7番ピッチャー桑田
8番キャッチャー杉本
9番サード  笹岡

でした。黒木泰典さんはあの伝説級の名選手清原和博さんの次の打順だったんですね。強打者だった清原和博さんが勝負してもらえない場合もあるので次の5番打者の黒木泰典さん成績がチームが勝つためにはとても重要になってきます。

この試合で黒木泰典さんは4打数4安打3打点の大活躍!見事PL学園を勝利に導きました。ちなみに桑田真澄さんはこの試合7番打者でした。バッティングセンスもプロ級だった桑田真澄さんより黒木泰典さんは打順が上だったんですね。黒木泰典さんの打力がすでにプロ級だったという事でしょう。

 

8月18日 対津久見
津久見  000 000 000  0
PL学園 000 201 00×  3

黒木泰典さんはこの日も5番ライトで先発出場し、4打数1安打という成績でした。対戦相手の大分県代表津久見高校は野村投手の力投と堅い守備で断トツの優勝候補のPL学園を苦しめます。1年生の秋からベンチ入りしているプロ並みの打力の黒木泰典さんでさえ1安打しか放つことができませんでした。

 

8月19日 対高知商
高知商  020 000 100  3
PL学園 004 020 00×   6

黒木泰典さんはこの試合でも5番ライトで先発出場し、3打数1安打でした。ちなみにこの試合で桑田真澄さんと、清原和博さんがともにホームランを放っています。その時の甲子園は盛り上がったでしょうね~(^^)

 

 

8月20日 対甲西
甲西   000 002 000  2
PL学園 223 420 20×  15

この試合も黒木泰典さんは5番ライトでスタメンでした。結果は前の試合と同じく3打数1安打です。毎試合ヒットを続けていますね。

 

 

8月21日 対宇部商
宇部商  010 002 000  3
PL学園 000 111 001×  4

 

宇部商との決勝戦でも黒木泰典さんはヒットを放ちます。3打数1安打でした。ここまで試合の結果を書いてきて黒木泰典さんの特徴が見えてきます。

 

黒木泰典さんの特徴

・合計8安打がすべてシングルヒット(単打)

・毎試合ヒットを打っている

 

つまり黒木泰典さんは大振りをせず確実性を重視したバッティングだったといえます。ホームランバッターではなくイチローのようなアベレージヒッターだったのではないでしょうか。

 

清原和博さんが塁上にいる時に打席が回ってくることが多かった黒木泰典さんのこの確実性のあるバッティングは相手のチームは本当に脅威に感じていたことでしょう。PL学園が快進撃を続けた裏にはこの黒木泰典さんのバッティングの成績があったからかもしれませんね。

 

黒木泰典

 

黒木泰典の現在の仕事や収入は?

 

黒木泰典さんの現在の仕事外資系の企業、プルデンシャル生命保険にお勤めです。2017年現在4月1日現在そこのプルデンシャル生命保険の大阪第二支社長を務めておられます。そのご起業されたとの情報もありますが分かり次第追記します。

 

外資系生命保険会社の多くは完全実績主義の給与システムになっているはずですから一般社員だと最低500万円前後、1000万円を超える高額給与になります。

 

黒木泰典さんはプルデンシャル生命保険の大阪第二支社長を務めておられますから年収はおそらく5000万円前後はあるのではないでしょうか。実力主義の会社ですので成績が悪ければ2000万円前後かもしれませんし、もしかすると年収億近くまでいっている可能性もあります。

 

以上の年収額はあくまで私の推測ですのでご了承くださいね。

Sponsored Link

 

黒木泰典のプロフィールや経歴は?

 

黒木泰典さんのプロフィールや経歴を紹介します。黒木泰典さんは宮崎県宮崎市の出身で年齢は51才です。地元宮崎県の中学を卒業後PL学園高等学校へ野球留学された経歴があります。

 

黒木泰典さんは1年の秋からベンチ入りして2年生の時にはすでにレギュラーでした。当時史上最強といわれたPL学園の2年生レギュラーですからプロに行くのは確実だったと思うのですが・・・。ちなみに黒木泰典さんは

 

二年生(春)・・・1番ライト
2年生(春)・・・2番ライト
3年生(夏)・・・5番ライト

 

以上のような打順、守備になっています。ずっとライトだったんですね。ライトといえばイチローのライザービームを思い出しますね(^^)黒木泰典さんは打力はプロ並みでライトの守備では強肩を何度も見せたんでしょうね。

 

前田勝宏の現在の仕事は?経歴や年収も紹介!大谷翔平より速かった?

 

PL学園を卒業されたあとは法政大学へと進学されました。しかし・・・当時の法政大学の野球部監督と折り合いがつかず実力があるにもかかわらず試合に出れない日が続きました。

 

法政大学を卒業後はあの超一流企業「プルデンシャル生命保険」に入社、そして野球で培った持ち前の努力で現在の地位まで駆け上がることになります。以上黒木泰典さんのプロフィールおよび経歴でした。

 - スポーツ , , , , , , ,