岡部紗季子はリオオリンピックに出てた?引退理由や現在の仕事は?

   

Pocket

今回はインターハイ明治大学でも活躍された体操の岡部紗季子さんについてお伝えしていきます。

ロンドンオリンピックでも活躍された体操の田中理恵さんから絶対勝てなかった選手と絶賛された岡部紗季子さんはリオオリンピックに出てたんでしょうか。

さらには引退理由や、現在の仕事についても紹介していきます。

Sponsored Link

 

岡部紗季子(体操)は高校時代インターハイでも活躍!リオオリンピックに出てた?

岡部紗季子さんはリオオリンピックには出ていません。実はリオ五輪の前回大会、2008年の北京オリンピックの出場を目指されていたんです。

岡部紗季子さんは1988年5月16日生まれで年齢は30才、東京都の出身です。身長は162cm、体重は49kgです。3才から体操をはじめて1年間365日のうち、360日以上練習されていたそうです。

毎日厳しい練習に耐えてきたのは「オリンピック選手になりたい」という岡部紗季子さんの夢があったからです。2000年のシドニーオリンピックで当時ロシアの代表だったエカテリーナ・ロバズニュク選手の体操演技に衝撃を受けたのが五輪出場の夢を持ったきっかけだったそうです。

練習を重ねた岡部紗季子さんは体操で有名な藤村女子高等学校に入学、そしてインターハイで個人総合、団体で優勝、さらには全日本ジュニア体操競技選手権大会でも個人総合で優勝を果たします。

明治大学(文学部)に入学後も素晴らしい活躍は続きます。全日本学生体操競技選手権大会で個人総合と団体で見事優勝、さらにはユニバーシアードにも2大会連続で出場しオリンピックでの活躍も期待されていました。

すべてはオリンピックに出場するという夢のために・・・。しかし2008年の北京オリンピックの代表選考では残念ながら選ばれることはありませんでした。岡部紗季子さんがオリンピックに出られなかった理由とは一体何だったんでしょうか?

 

岡部紗季子逆立ち女子として最近話題の岡部紗季子さん(^^)

 

岡部紗季子(明治大学文学部卒業)の引退理由は?

岡部紗季子さんは子供のころから体操選手だった父親と母親のもと練習に明け暮れます。1年のほとんどを練習に費やし結果を残してきました。しかしスポーツ選手には必ずと言っていい「ケガ」に悩まされるようになります。

ひじ、手首、ひざ、足首、さらには関節まで様々な個所の痛みがあったそうです。普通なら一カ所だけでも大変なのにそれが複数個所の痛みと戦っていたんですね・・・。

その後に行われた2008年の北京オリンピックの選考では残念ながら落選、明治大学(文学部)の卒業を機に引退されることとなったのです。

引退の理由は上で述べた様々なケガのほかにもう一つありました。それは女性特有の月に1度来る体調不良が21才の時に初めて岡部紗季子さんに来た事が理由だったんです。

一般の方はそれは10代に来ることが多いのですが体操選手の厳しい体重管理が影響するのか20才代に入ってから初めてその体調不良が来る体操選手も珍しくないそうです。

度重なるケガとその体調不良が引退の理由だったんですね。体操選手って本当に大変です(>_<)

Sponsored Link

 

岡部紗季子の現在の仕事と今後の活動について

岡部紗季子さんは明治大学を卒業後2011年にカナダにコーチングの勉強のために留学をされています。2012年に日本に帰られて明治大学体育会体操部のコーチもされました。現在では体操教室のインストラクターの仕事をされているそうです。

ちなみにその体操教室の名前は「ジェムストーンジム」といって東京の世田谷にあるそうですよ。運がよかったら岡部紗季子さん本人に会えるかもしれませんね(^^)

そんな岡部紗季子さんの今後タレント活動も行っていきたいそうです。実際に女性版サスケ「KUNOICHI(くのいち)」にもテレビ出演されています。この時出場者の中ただ一人ファイナルステージに進まれて惜しくもクリアはならなかったんですが、「あのかわいい体操選手は誰だ?」と話題になりました。

さらには2020年の東京オリンピックにもメディアとして情報を発信していきたいそうです。具体的にはオリンピックのキャスターをされたいとのことです。

中田久美が勝てなかった天才は大谷佐知子!経歴と現在の仕事は?

あのかわいいルックスと明るいキャラクターで人気が出ることは間違いないでしょう。岡部紗季子さんをキャスターとしてテレビで見れる日を楽しみに待ちたいと思います。今後の活動に期待します。

 - スポーツ , , , ,