ビブリア古書堂の事件手帖の映画版に剛力彩芽がいない理由は?演技力が…

   

Pocket

ビブリア古書堂の事件手帳の映画版が2018年の11月1日に公開予定ですがの主役が剛力彩芽さんじゃない理由は一体なんなのでしょうか?

ドラマ版ビブリア古書堂の事件手帳の主役は剛力彩芽さんだったに・・・。

そこでその理由を演技力、視聴率、性格の3つのポイントに分けて解説してきます。

Sponsored Link

 

ビブリア古書堂の事件手帳の映画版の主役が剛力彩芽じゃない理由その①演技力

ビブリア古書堂の事件手帳の映画版の主役が剛力彩芽じゃない理由としてまず挙げられるのは「演技力」です。

過去にとある吹き替え映画を担当したところファンから「棒読みじゃないか」と指摘されています。本当に棒読みだったかはともかく剛力彩芽さんの演技が今回のビブリア古書堂の事件手帳の映画版にあわなかっただけかもしれません。

ドラマ版と映画版はやっぱり雰囲気が違いますからね。そして女優によって演技はその人の色がでますのでいろんな演技があっていいと思います。今回はビブリア古書堂の事件手帳の映画版は黒木華さんの主役が一番ぴったりくると製作者側が判断したのでしょう。

ビブリア古書堂の事件手帖

ビブリア古書堂の事件手帳の映画版の主役が剛力彩芽じゃない理由その②テレビドラマ版の視聴率が低い

ビブリア古書堂の事件手帳の映画版の主役が剛力彩芽さんじゃない理由としてテレビドラマ版の視聴率が低かった点が挙げられます。

フジテレビで放送されたビブリア古書堂の事件手帳最終回の視聴率は8。1%でした。当時月9の最低の数字でした。しかしこれがすべて剛力彩芽さんのせいだともいえません。

最近はインターネットの普及でドラマ離れどころかテレビそのものから離れていく人が増えています。その影響もあったのでしょう。剛力彩芽さんに全ての責任を押し付けるのはちょっと可哀想ですが低視聴率のイメージが少し残ってしまったのは理由としてあったのかもしれません。

Sponsored Link

 

ビブリア古書堂の事件手帳の映画版の主役が剛力彩じゃない理由その③性格

剛力彩芽さんは自由奔放で明るい性格です。最近はZOZOの前澤社長とも屈託のない笑顔がSNSで話題になっていました。裏表のない良い性格なんでしょうね。

しかし、演技力をアップさせていくには自分自身の演技力を見つめ直しそして監督からの厳しい要求にも答えていかなければなりません。そういう意味では剛力彩芽さんのポジティブすぎる性格が自分の成長を逆に邪魔している可能性もあるかもしれません。

桐山智衣が超かわいい!身長などプロフィールは?相武紗季に似てる件

しかし剛力彩芽さんの自由奔放な明るい性格に合った映画やドラマはきっとあるはずですので今後の剛力彩芽さんのさらなる活躍を期待しています。

 - 芸能 , , , , ,