大坂なおみのコーチ サーシャの言葉に涙…ポジティブ名言をまとめ

      2018/11/02

Pocket

 

大坂なおみ選手のコーチ サーシャバインの言葉と名言が素晴らしいと現在話題です。

 

ネガティブな大坂なおみ選手を2018年全米オープン制覇へと導いたポジティブな言葉がすごい!

 

大坂なおみ選手&サーシャコーチ自身も涙した数々の名言をまとめました。
 

Sponsored Link

 

サーシャバインコーチの名言その①ポジティブ

 

「ポジティブになれ、人生は楽しい、天気もいい、君は間違っていない」

 

なんともポジティブな言葉が並びます。ポジティブになれなんて直球すぎますがなぜか心に響きます(^^)

 

その後の言葉も人生は楽しい、天気もいいなんて単純ではあるんですが、深く考えすぎてはダメだよと、もっとシンプルに明るく行こうという力強いメッセージが込められています。

 

大坂なおみ選手が今までやってきた練習や努力は間違っていない、だから自分を信じて!という思いを込めてサーシャコーチは アドバイスしたんでしょうね。

 

あとはシンプルにベストを尽くすだけで結果はついてくる。 大坂なおみ選手を全て肯定するサーシャバインコーチのポジティブな名言が印象的です。

 

サーシャバイン

 

サーシャバインコーチの名言その②誇り

 

なおみを本当に誇りに思う

 

自分がコーチングしている選手に対してこの言葉を言えるということは大坂なおみ選手とサーシャバインコーチとの間に本当の信頼関係が築けているんんですね(^^)

 

信頼関係ってすごく大事です。この信頼関係があることによって選手はコーチの言葉を全部受け入れてさらに成長していくことができます。サーシャバインコーチは相手のことを信じて素直に聞く大坂なおみ選手をすごいと思っているでしょう。

 

それと同時にサーシャコーチは絶対に間違ったことは教えられないという良い緊張感のなかでこの1年近く試合を戦ってきたのでしょうね。それらを全部ひっくるめて「なおみを本当に誇りに思う」と発言したのでしょう。

 

なかなか簡単に言える言葉ではありません。ちなみに2018年の全米オープンで大坂なおみ選手が優勝した後のインタビューで・・・

 

サーシャコーチに向かって「ありがとう」といったのをきいてサーシャバインコーチ自ら涙しそうになったそうです。この「ありがとう」という短い言葉の中にもすごくたくさんの思いが込められているように思います。

Sponsored Link

 

サーシャバインコーチの名言その③渋谷でダンス?

 

負けたら渋谷の交差点でダンスする

 

試合中だけでなく練習の時からできるだけポジティブで明るい雰囲気になるように心がけているサーシャコーチ。あえて罰ゲームを設けて楽しく練習をしてもらおうという工夫なんですね。

 

この時大坂なおみ選手が負けたら渋谷のスクランブル交差点で踊らなければならなくなったので大坂選手はガチで本気に!勝負は無事大坂なおみ選手が勝ち、負けたサーシャコーチがスクワットをする羽目になりました。

 

それをみた大坂選手は楽しそうに笑っていましたね(^^)ポジティブに明るく練習をやっていこうというサーシャコーチの思いが詰まっている言葉です。

 

大坂なおみのサーシャコーチの隣は誰?画像で検証&名前も調査

 

本当に選手のことを思っている素晴らしいコーチなんですね。今問題になっているパワハラと正反対にいるコーチです^ ^そんなサーシャコーチの言葉や名言をまとめてみました。

 - テニス , , , , , , ,