朝日生命体操クラブ(塚原直也総監督)と宮川紗江パワハラ問題の真相はこちら

      2018/08/31

Pocket

 

みなさんこんにちは!

体操の宮川紗江選手が8月29日にパワハラ問題について記者会見を開かれました。その内容は衝撃的でした。

事の真相は一体どこにあるのでしょうか。

今回は今回のパワハラ問題に一見関係なさそうな朝日生命体操クラブとその総監督を務められている塚原直也さんについてお伝えしていきます。

Sponsored Link

 

朝日生命体操クラブと塚原直也総監督について

朝日生命体操クラブはもともと朝日生命という会社の実業団チームでした。その後塚原光男さんが男子、嫁の塚原千恵子さんが女子の指導を行い、オリンピックに多数の代表選手を送り出しました。

そのことから考えると塚原夫妻の指導力はかなりあったという事かもしれません。さらにその後塚原夫妻が経営を引きつぐという形で現在に至っています。

今の朝日生命体操クラブの総監督は塚原夫婦の息子である塚原直也さんが務められていますが・・・今回の宮川紗江選手のパワハラ問題とどうかかわっているのでしょうか。

その関係を解明するポイントは

  • 朝日生命体操クラブ(塚原直也総監督)
  • 塚原光男日本体操協会副会長
  • 塚原千恵子体操女子強化本部長

の3つです。

それぞれ説明していきましょう。

 

宮川紗江

 

朝日生命体操クラブと宮川紗江選手のパワハラ問題との関係について

宮川紗江選手は速見佑斗コーチの暴力行為は認めたもののパワハラだと思っていないと明言されています。しかし、日本体操協会側はパワハラがあったと主張しています。

宮川紗江選手本人が速見佑斗コーチからのパワハラはないといっているのにもかかわらず協会側はあったという日本体操協会の目的は何でしょうか。

おそらく速見佑斗コーチを追放(登録抹消)することが目的だったと思われます。そして速見コーチが追放されるといったいどこが得をするのでしょうか。

宮川紗江選手でしょうか、日本体操協会でしょうか、いいえ違います。

一番得をするのは朝日生命体操クラブではないかと考えられます。有力選手が多いクラブは金銭的に余裕が出てきます。そのクラブの影響力や宣伝にもなるでしょう。

もし宮川紗江選手が朝日生命体操クラブに入ればクラブそのものもそうですし、塚原直也総監督の評価が高まることにもなります。

以上書いたものはすべて現在の状況から推測される過程の話ですので事実は異なる可能性がありますのでご了承ください。もし~ならばそう思われても仕方がないという仮定の話です。

坂本絵梨(陸上)の三段跳び画像がすごい!身長や出身大学、所属チームは?

しかし、宮川紗江選手が朝日生命体操クラブに入る可能性は現在のところ限りなく少なくなってしまいましたが・・・。

 

Sponsored Link

 

朝日体操クラブと塚原光男校長、塚原千恵子女子監督との関係は?

最後にポイントの2,3目の塚原光男校長と、妻の塚原千恵子女子監督との関係ですが、塚原光男さんは日本体操協会の副会長、塚原千恵子さんは女子体操の強化本部長というすごい肩書きを持っています。

とても影響力があるんですね。特に塚原千恵子体操女子強化本部長というのはオリンピックの代表選手を決める時に一番の影響力を持っています。

朝日生命体操クラブの実質の経営者である塚原夫妻が自分自身のクラブからたくさんのオリンピック選手を輩出したいと思うのは当然ではないでしょうか。普通は誰でもそう考えるはずです。

しかし塚原夫妻はとても影響力のある方々ですからその影響力の行使には細心の注意を払わなければいけないはずなんですが・・・。

宮川紗江選手の速見コーチを追放し宮川選手を朝日生命体操クラブに引き込むために権力を使ったとしたら・・・そういうことはあってはならない事ですし、ないと信じたいところでした。

しかし宮川紗江選手の勇気の告発会見を見ているとあってはならない事が行われたと思われても仕方がないのではないでしょうか?なんだか暗い気持ちになってきましたので今回はここまでにしたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 - スポーツ , , , , ,