カラテカ矢部太郎の大家さんと僕の収入は?漫画の才能は父の影響か

   

Pocket

 

みなさんこんにちは!

今回はカラテカ矢部太郎さんの「大家さんと僕」というマンガについてお伝えしていきます。

この「大家さんと僕」は第22回手塚治虫文化賞の短編賞を受賞するなど55万部を超える大ヒットとなっています。

その漫画の内容や、印税、そして絵本作家の父の影響などに迫っていきたいと思います。

Sponsored Link

 

カラテカ矢部太郎の「大家さんと僕」ってどういうマンガ?

カラテカ矢部太郎さんの「大家さんと僕」はエッセイ漫画というジャンルになります。矢部太郎さんが住んでいる家の大家さんとの心の交流を描いた作品です。

何も難しいことを考えなくても直感で読めます。爆笑するような面白さではありませんが心がほっこりするようなちょっと「クスっと」笑顔になれる漫画です。まさに矢部太郎さんのやさしい人柄そのものですね。

ちなみに漫画のモデルとなった大家さんの好きなものは伊勢丹とNHKと羽生結弦さんだそうです。羽生結弦さんのファンであるところを見ると意外に大家さんはミーハーかな?なんて思ったりもします。

エッセイ漫画「大家さんと僕」はそんな心が温まる矢部太郎さんと大家さんの物語が描かれている漫画になっています。

 

矢部太郎

 

カラテカ矢部太郎の「大家さんと僕」が55万部を超える大ヒット!その収入はいくら?

カラテカ矢部太郎さんの55万部を超える大ヒット漫画「大家さんと僕」の印税が気になるところですね。いったいいくらなんでしょうか。

「大家さんと僕」の定価が1080円ですから売れた額の10%が印税です。つまり約5000万円の印税が発生するということになります。それがすべて矢部太郎さんの収入になればいいんですが・・・。

しかし矢部太郎さんの所属事務所はあの「吉本興業」ですからね・・・。この名前を聞くだけで「ああ、かなりの額を持っていかれるなぁ。」なんて矢部太郎さんを同情してしまいます。

実際のところ印税額の半分を吉本興業に持っていかれるそうです。ということは矢部太郎さんの手元に残る金額は約2500万円です。それでも大変な収入には変わりありませんがなんとも納得がいかないような気がするのは私だけでしょうか?

 

Sponsored Link

 

カラテカ矢部太郎の父は絵本作家!まんが書く才能は父の影響?

話は少し変わりましてカラテカ矢部太郎さんの父親についてなんですが矢部さんのお父さんは「やべみつのり」さんといって絵本作家なんです。だからあの味のある絵が描けるんですね。

リアル南葛SC(キャプテン翼)がJリーグに加入する条件は?

矢部太郎さんの漫画の才能のルーツは父親にあったのですね。なんでもお父さんが完成した絵を持ってきて矢部さんにいつも見せてくれていたそうです。そういうところで父親に影響を受けたでしょう。これからもみんなが幸せになれるような素敵なまんがを書き続けてほしいですね!

それではまた。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 - 芸能 , , , , ,