将棋の成金、本当の意味とは!?人生に役立つ「成金」の努力

      2018/07/10

Pocket

 

みなさん、「成金」という言葉を聞いてどういうイメージを持っています

か?お金持ちとか豪邸に住んでいるとかちょっと鼻持ちならず横柄な態度などをイメージするのではないでしょうか?わたしは将棋の「成金」については悪いイメージはまったくもっていませんが人間の社会での「成金」については正直良いイメージを持っていませんでした。

 

成金→お金持ち→あまり良くないという風に子供のころから教えられてきましたのでどうしても「成金」に良いイメージを持つことができなかったのです。しかし、将棋をやりこんでいく中で「成金」は本当に良くないものなのだろうかという疑問が出てくるようになりました。

 

Sponsored Link

たとえば「歩」という駒があります。「歩」は前方に一歩ずつしか進むことができません。一歩、一歩こつこつと進みます。「歩」より強い駒はいくらでもいますので途中でやられてしまうことはよくあります。そして、勝利するための作戦上どうしても「歩」に犠牲になってもらわなければならない場面もあるのです。

歩むスピードも遅く、途中でやられてしまう可能性も高いそんな「歩」が敵陣にたどり着き侵入することに成功すると「と金」になれるのです。「歩」から「と金」になるとなんと6倍もパワーアップします。人間でいえば成功することで一気に6倍の年収を得ることができる状態になれるのです。

それもこれも「歩」がこつこつ、もくもく努力を重ねやられてしまうかもしれない困難な道を突破したどり着いた先が「と金(成金)」なのです。人間の社会でも成金がすべて悪いとは言えないのかなぁなんて考えるようになりました。

努力をせずに成金になる人もいるでしょう。しかし大半の人は努力に努力を重ねて成功しているのです。成金の本当の意味を考えてみます。ほかの人から「どうせ無理」なんてことも言われそれでもあきらめずにたどり着いた先が「成金」だとしたらそれは悪い事でも何でもありません。

それはもはや「成功者」だといえます。努力の先に成功をつかみ取る。最弱の駒「歩」でも努力を続けることで何かを達成できる。自分がいま弱いからとか何も持ってないからとかは努力しない理由になりません。「どうせ無理」という思考はとても楽な反面危険な面もあります。

 

「どうせ無理」から「どうすればできるのか」に思考を変えることが重要です。どうすれば前に進めるのか。どうすれば成功する方向に進めるのか。どうすればなりたい自分になれるのか私は今一生懸命考えています。そんな考えに至らせてもらえる「歩」から「成金」のお話でした。

では、また次回。



 - 将棋