インベスターZ 6話感想&7話あらすじ!財前(清水)宅で激論…

   

Pocket

 

ドラマインベスターZの第6話の感想と第7話のあらすじをお届けします。

第6話では月浜漣君(岩井拳士朗)が倒れてしまいます。その理由はストレス!?

そして第7話では財前孝史(清水尋也)の自宅にて「保険」について激論が繰り広げられる!ドラマなのに勉強になるなぁ~。

Sponsored Link

 

インベスターZ 6話感想を紹介します!


 

インベスターZの第6話の感想を紹介していきます。月浜漣(岩井拳士朗)君が倒れた!?文化祭での主役の練習や株の急落で「ストレス」が溜まりまくりついの漣君がついにダウン、そして入院してしまいます。

やっぱりストレスは体に悪い!現在会社に勤めている多くの会社員の方々もストレスに悩まされていることでしょう。わたしもそんな一人なのですが・・・。

しかし、そのストレスをお金を稼ぐことにつなげるところはさすが財前!って感じですね。社員のストレスにうまく対応している会社は伸びるなんていいところに目を付けます。

前澤友作ZOZO社長が影響受けた本は?起業人お勧めのその内容とは

ZOZOTOWNの会社なんて9時から15時までの6時間労働ですからね。今後日本で伸びていくところはこういう会社なんですかね。長時間労働を社員に強制している会社の未来が心配です・・。

 

財前孝史

 

インベスターZ 7話のあらすじを紹介!


 

インベスターZの第7話では財前孝史の父の財前孝彦(小木茂光)と月浜漣のおば月浜真知子(馬渕英里何)のバトルが勃発!「保険」について激論が繰り広げられます。

いまだかつてテレビドラマで「保険」がこんなにアツく語られたことがあったでしょうか。いや~初めてでしょう。貯蓄は三角、保険は四角とはどういう意味なのでしょうか。まったくわかりません(笑)次回第7話も気になります!

 

Sponsored Link

 

インベスターZ 7話の内容について「保険」について激論バトル発生!?スポンサーは大丈夫?ww


 

インベスターZの第7話は「保険」の話です。財前孝史の自宅にてアツい激論バトルが発生してしまいます。はたして保険は必要なのかそれともいらないのかという内容なのです。

みなさんは保険に入っていますか。ほとんどの方は入っているでしょう。一口に保険といってもたくさんありますからね。自動車保険、火災保険、生命保険などなど。事故や火事は怖いですからね~。いきなりウン千万の請求が来ても困ります。

保険は必要だと思うのですが、これから先はわかりません。自動運転が普及すれば事故は激減するでしょうし、自宅の中のAIが発達すれば火事をび未然に防いでくれるかもしれません。まあ、未来のことはわかりませんけどね(笑)

ところではなしは変わりますが「スポンサー」は大丈夫なのでしょうか。日本生命や明治安田生命など大手保険会社はテレビCMをバンバンやっています。

第7話が保険がいらないって結論に達してしまったら・・・大変なことになるかも。でもインベスターZの放送時間には保険のCMはやらないかな?とにかく次回もたのしみですね。

それではまた次回。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 - ドラマ , , , ,