小園海斗(報徳学園)がプロより上手いわけとは?ドラフト1位候補も

   

Pocket

 

みなさんこんにちは!

2018年8月は日本各地で観測史上最高気温を記録するなどスーパー猛暑の様相を呈していますが甲子園でも熱い戦いが繰り広げられています。

今回はその中で兵庫県の報徳学園の小園海斗(おぞのかいと)選手に注目していきましょう。

高校生にしてプロより上手いと言わしめたその守備力のわけにとドラフト1位指名の可能性について迫っていきたいと思います。

Sponsored Link

 

小園海斗(報徳学園)のポジションや守備力について紹介します


 

報徳学園の小園海斗選手は兵庫県宝塚市出身、ポジションはショートです。高校生離れした高い守備力と打撃力で1年生の時から報徳学園で中軸選手として活躍していきます。

高校野球で入学してすぐレギュラーなんて本当にすごいんです。野球部の一年生というのは普通の練習なんてまださせてもらえません。草むしりとかグラウンド整備、用具磨きなど雑用がメインです。

バッティング練習なんてとんでもない!っていう感じです。雑用が終わると学校の外でひたすらランニングです。

ましてや全国でも名をとどろかす「報徳学園」ですからその中で1年生から中軸打者として活躍すること自体とてもすごい事なんです。そんな規格外のスーパー高校生小園海斗選手はプロのスカウトたちも大勢視察に押し寄せてきている今注目の選手となっています。

 

小園海斗

 

報徳学園の小園海斗がプロより上手いといわれるわけとは?


 

報徳学園の小園海斗選手は「走、攻、守」と三拍子そろった実力を持っています。特にそのなかで守備に注目されています。ある野球解説者が「プロより上手い」というほどの守備力をもっています。

プロより上手いといわれるそのわけは小園海斗選手の脚力にあります。小園海斗選手はバッターボックスから一塁までの時間(塁間タイムといいます)が4.00秒~4.10秒というタイムをたたき出しています。

「4.00秒?それって速いの?」と思われた方も多いと思いますがとにかく「めちゃくちゃ速い」とおもってもらってかまいません(笑)

その脚力ともう一つヒミツがあります。それは「出足の速さ」です。とにかく最初の一歩が速く、ヒットかな?と思った打球をアウトにしてしまうのです。

これは、もうなんというか身体能力が高いというよりも天性の反応の速さがあるのかもしれません。あるいはピッチャーの投げる球やバッターの様子から飛んでくる打球を予測しているのかもしれませんが・・・とにかく小園海斗選手の「プロより上手い」といわれる守備力に注目です。

Sponsored Link

 

報徳学園 小園海斗がドラフト1位になる可能性は?

 


 

報徳学園の小園海斗選手がドラフト1位で指名される可能性はかなり高いと予測します。それはプロのスカウトたちの言葉を見ればほとんど確定といってもいいくらいです。例えば、

  • 高校生のショートではNO.1だ。
  • プロで2000本安打を打てる。ゴールデングラブ賞も取れる
  • ドラフト1,2位じゃないと取れない
  • 上位でないと取れない、ずっとマークしている。

プロのスカウトたちがここまで高い評価をすることは珍しいですね。とくに2000本安打を打てるなんて言っているスカウトがいましたがそこまで言っているのをわたしはきいたことがありません。

カラテカ入江慎也社長の年収は?人脈で会社をつくれる理由とは?

ということで小園海斗選手がドラフトで1位になる可能性は非常に高いと考えていますがみなさんはどうおもわれたでしょうか?

今後の報徳学園、小園海斗選手に注目です。

それではまた次回。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 - 野球 , , , ,