ときどがプロゲーマーになった理由は?優勝賞金や夢も紹介します

      2018/10/19

Pocket

 

みなさんこんにちは!

今回は日本では数少ないプロのゲーマーである「ときど」さんについてお伝えしていきます。

ときどさんは格闘ゲーム「ストリートファイターV」などたくさんの大会で優勝されている世界屈指のプロゲーマーです。

そのときどさんがプロのゲーマーになった理由や優勝賞金、そして夢などに迫っていきたいと思います。

Sponsored Link

 

東大を卒業したときどがプロゲーマーになった理由とは?


 

ときどさんの本名は谷口一(たにぐちはじめ)さんといいます。1985年生まれで年齢は2018年8月現在34才です。進学校で有名な麻布高校を卒業して東京大学理科1類へ入学されます。

さらに大学院へ、しかしその大学院を途中やめてプロのゲーマーになりました。「ときど」さんの周りの人たちは反対したそうです。そりゃそうですよね。わたしが親なら子供がゲーマーになりたいと言ったら(相当な才能と実績があれば話は変わりますが)まず反対するでしょう。

しかし「ときど」さんは周囲の反対を押し切りプロのゲーマーへの道を歩んでいきます。周囲の反対の中「ときど」さんの父親は「お前のやりたいことがあるんだったら、それに挑戦してみればいいじゃないか」と背中を押してくれたそうです。

このおとうさんの言葉はすごくかっこいいですね。普通だったらなかなか言えないかもしれません。そして「ときど」さんはもともとゲームが大好きでした。家庭用のゲームではなくゲームセンターのゲームです。

現在はそれほどデマありませんがむかしのゲーセンは怖い人もいたんですよ~(笑)「ときど」さんもそんな中でゲームの腕を毎日磨いていたそうです。

そしてプロになる決断をした一番のきっかけは「梅原大吾」さんがプロ宣言したことです。梅原大吾さんといえば2004年の格闘ゲーム大会「エボリューション、ストリートファイター3」で奇跡の大逆転勝利をやってのけた人です。

当時相当な話題となり、現在でも語り継がれる伝説の試合です。その梅原大吾さんのプロ宣言が「ときど」さんがプロのゲーマーを目指そうと思った理由です。

 

ときど

 

プロゲーマー(eスポーツ)大会の優勝賞金っていくら?


 

プロのゲーマーの大会はどのくらいの優勝賞金なのでしょうか?ゲームの種類によっても変わってきますが、格闘ゲームのストリートファイターVでは優勝すると500万円とかそれ以上の大会もあります。

日本ではゲームと呼んでいますが海外ではゲームはもはやスポーツなのです。eスポーツといいます。

現在海外を中心にかなり盛り上がっています。それに伴い賞金の金額も今後ますます上がっていく事でしょう。

Sponsored Link

 

東大卒プロゲーマーときどの夢は?


 

東大卒プロゲーマー「ときど」さんの今後の夢は何でしょうか。日本ではまだプロゲーマーと聞くとそんなのは仕事ではない、稼ぐことはできないなど否定的な意見がまだまだ多いでしょう。

さらに海外では多額の優勝賞金がある大会が数多く開催されているなか日本では賞金のある大会は法律上開催することができないのです。

これはわたしはゲームのファンの一人として寂しく感じています。そんな状況を変えることが「ときど」さんの夢だそうです。

ほのか(ゲーム)がかわいい!小学生でプロ?天才ゲーマーが所属の忍ismとは

過去に社会的に認められてこなかった先輩ゲーマーたちの無念を晴らすためにゲーマーに対する世間の評価を高めたいと「ときど」さんは考えています。今後ますますゲームはeスポーツというブームにものって発展していく事でしょう。その中での「ときど」さんの活躍に注目です。

では、また次回。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 - ゲーム , , , ,