小園凌央出演のドラマ健康で〜での役は?ケースワーカーってどんな仕事?

   

Pocket

 

みなさんこんにちは!

今回は俳優の小園凌央さんについてお伝えして行きます。

小園凌央さんは2018年7月にスタートした新ドラマ健康で文化的な最低限度の生活に出演されて、まじめな新人ケースワーカーを好演されています。小園凌央さんはタレントのヒロミさんと松本伊代さんの息子として両親に負けないように活躍中なんです。

その小園凌央さんの役どころや演じられているケースワーカーについて紹介、解説していきます。

Sponsored Link

 

小園凌央が出演した「健康で文化的な最低限度の生活」ってどんなドラマ?


 

小園凌央(こぞのりょうお)さんが「後藤大門」役で出演されている「健康で文化的な最低限度の生活」ってどんなドラマでしょうか。

役所の生活課に配属された新人公務員の葛藤の苦悩を描いたドラマで、生活保護という大変な問題に一石を投じる内容となっています。

ところで、小園凌央さんは父親がタレントのヒロミさん母親が松本伊代さんなんです。お二人に似ているでしょうか。息子のほうがイケメンと言ったら怒られそうですがみなさんはどう思われますか?

 

小園凌央

 

小園凌央の出演ドラマ健康で文化的な最低限度の生活での役は?


 

小園凌央さんは主人公吉岡里帆さん演じる義経えみるの同期で新人ケースワーカーの役です。メガネ姿がなんだかかわいいですね。

同じ新人同士苦労や喜びを分かち合っていくという感じだと予想していますが、やはりそこは他人同士。愛を誓い合った夫婦でさえ争ってしまうのが現実です。新人のケースワーカー同士意見が対立することも当然あるでしょう。

野村祐希とアイバンの馴れ初めは?熱愛認めたかっこいい態度に父は?

しかし、画像を見ていただければわかる通り小園凌央さん演じる後藤大門は名前のイメージとは全然違う、やさしい雰囲気です。吉岡里帆さんに負けそうですね(笑)

とにかくドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の今後の展開に注目です。

Sponsored Link

 

小園凌央が演じた役のケースワーカーってどんな仕事?


 

小園凌央さんは吉岡里帆さんとともに新人ケースワーカー役を演じています。ケースワーカーって聞いたことはありますが実際の仕事はどんなものなのでしょうか?

身体的あるいは精神的に仕事ができない状態の方々に相談や援助などをすることが仕事です。具体的には生活保護を受けている方の自宅へ訪問したりして仕事に就けないかどうか話し合ったり指導したりします。さらに生活保護費支給に関する業務も行います。

しかし、働きたくても働けない人に対して生活保護していくわけなのに働くように指導するとはどういうことなのでしょうか。身体的、精神的に仕事ができない状態の方が時間がたつと働けるようになるということでしょうか。

う~ん、よくわかりませんが、とにかくケースワーカーという仕事は大変であるということはわかった気がします。どんな仕事も大変なんですね。

それでは、また次回。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 - 芸能