カメラを止めるな!大ヒットの理由は?お勧めする根拠も解説します

   

Pocket

 

みなさんこんにちは!

みなさんは「カメラを止めるな!」という映画をご存知ですか?いま一番おもしろいとSNS上で非常に話題となっている映画です。

監督は上田慎一郎さんであまり一般には知られていませんがキネマ旬報の吉田伊知郎さんは「とんでもない才人監督の登場」と絶賛しています。

そんな大ヒット間違いなしの映画「カメラを止めるな!」のヒットの理由に迫っていきたいと思います。

Sponsored Link

 

映画「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督を紹介します


 

今大ヒット中の映画「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督は1984年4月7日生まれの34才です。高校卒業後に上京して映画監督を目指していきました。

それにしても監督になってヒットする映画を作るって本当に難しいんですね。上田慎一郎監督は映画評論家の吉田伊知郎さんからとんでもない才人と評価されていますがその上田慎一郎監督をでさえ10年以上苦労されました。

10年間以上結果が出ない事をがんばれるというのが私には信じられません。わたしだったら結果が出ないと1年もたないでしょう。もしかすると3ヶ月でやめてしまうかもしれません。上田監督は才能だけでなく続けることができる根性もすごいですね。

 

映画「カメラを止めるな!」大ヒットの2つの理由とは?


 

監督は無名と言ったら失礼になりますが上田慎一郎監督、キャストも一般にはあまり知られていない人ばかり。(すみません、これも失礼ですね・・)さらには豊富な資金もなく低予算で製作しなければなりませんでした。

普通に考えたらヒットするはずがありません。しかしふたを開けてみると予想を覆す大ヒットになりつつあります。その理由として2つ考えられます。

1つ目の理由は映画「カメラを止めるな!」そのものが超おもしろいということです。低予算を逆手に取った脚本および撮影、本当のアクシデントなのか作られたアクシデントなのかもうわかりません。

無名の監督とキャストだったからこそ自由に思い切って魂を込めて撮影&演技をされたのでしょう。しかも撮影現場の一体感は見事です。

上田慎一郎監督がまさに「太陽」となりみんなもまとめ上げ監督、キャスト、スタッフがまるで家族のような存在でした。このようにして大ヒット確実の傑作が生まれたのでしょう。

映画カメラを止めるな!のキャストが語る上田慎一郎監督の評判とは?

2つ目の理由はSNSです。映画を見た人がSNSで映画の面白さをダイレクトに日本中に伝え始めました。そこにはテレビ局の思惑やタレント事務所の都合もまったく関係ありません。

映画を見た人たちが素直に自分の気持ちをSNSで拡散させていき、ついに映画は大ヒットしつつあります。予算もテレビの宣伝もなくても映画はヒットするんだということを教えられました。

Sponsored Link

 

映画「カメラを止めるな!」をおすすめする根拠は?


 

2017年に公開された映画「カメラを止めるな!」ですがSNSなどで次第にその評判が高まり2018年8月には全国40カ所で上映されるまでになりました。

2018年のおすすめ映画は?と聞かれたら「カメラを止めるな!」と答えます。2018年のベストでしょう。すみません、言い切ってしまいました・・。

とにかくその根拠は「笑って泣ける映画」だからです。内容はお伝え出来ませんが想像もできないようなストーリー、たくさんの伏線を見事に回収している脚本、出演陣の魂のこもった演技、どれもが素晴らしい。

笑って、泣いて、驚いて、そして見終わった後の爽快感、とにかくこの映画を見ると全部味わえることがおすすめする理由です。みなさんもぜひ見られてはいかがでしょうか。

では、また次回。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

 - 映画