将棋で勝つ7つ道具とは?プロも使うおすすめアイテム紹介します(後編)

      2018/07/10

Pocket

 

将棋に勝つためにはまずはひたすら将棋を指す、勉強するということになるのですがほとんどのプロはそれは当たり前にやっています。自分自身の生活や棋士人生もかかっていますのでプロ棋士たちは必死に努力を重ねているのです。

その厳しいプロの世界では勝つための努力のほかにちょっとした工夫で勝つ確率を0.1%でも上げようと棋士たちは考えます。

そこで将棋で勝つための7つ道具が登場します。私がおすすめするプロも使うアイテムを紹介します。もちろんアマチュアの方や一部プロには必ずしも必要とまではないかもしれませんのでご了承ください。

ちなみに前編では
①扇子
②時計
③ハンカチ
までご紹介しましたのでその続きを紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

必須!水分補給の大事なパートナー「ペットボトル」(7つ道具その④)


 

将棋の対局では体が熱くなり汗も出てきます。その失われた大量の水分を補給するのがプロ棋士のパートナーともいえるペットボトルです。

もちろん一部棋士はマイ水筒を持ってきたり係の人が淹(い)れてくれたお茶をすすったりしている棋士もいますがペットボトルを持ってきている棋士が多数派です。

私が見る限りやはりミネラルウォーターやお茶が多いようですね。もちろんジュースやスポーツドリンク系も見られます。

最近わたしが見たのがミネラルウォーター(2L)を持ち込んでいる棋士を見かけました。比較的短時間での対局だった事もあって、その時の解説者が

「あの2Lのミネラルウォーター全部飲み干せるんでしょうか?」と発言したのを聞いて思わず笑ってしまいました。体調維持のため水分補給はこまめに行いたいところですね。

 

空腹は思考の敵!?もぐもぐタイム発動!「お菓子」(7つ道具その⑤)


 

「腹が減っては戦ができぬ」と昔の人が言った通り空腹になると闘うこともできませんし思考もまとまりません。そこで、もぐもぐタイムが発動です。

プロ棋士はとにかく体力と気力を使います。将棋の対局中棋士たちは頭をフル回転させ思考します。頭を使うとどうしても糖分が必要になりその補給をしなければならないのです。

みなさんも経験がありませんか?疲れているときにお菓子が欲しくなったのを。ちなみにこの前今話題の藤井聡太プロがチョコレートをもぐもぐしていたのを見てなんだかほのぼのとしてしましました。鬼気迫る棋士たちの表情が一瞬緩むところは必見です。

 

棋士のめがね率高し!視界良好のためのアイテム「めがね拭き」(7つ道具その⑥)


 

プロ棋士のめがね率は非常に高いです。やはり一日中将棋盤を見続けると目に悪いかもしれませんので一般の方は将棋のやりすぎに気を付けてくだい。(笑)

眼鏡をしている方だったらわかると思いますが、めがねはいつの間にか汚れるんですよねー。不思議です。

そこで視界をクリアに保ち盤面がきれいに見えて集中できるようにめがねをこまめに拭く必要があります。プロ棋士がめがねをふきふきしている姿もなかなか趣があって面白いひとコマです。

 

将棋で勝つためのアイテムが詰まってます!「バッグ」(7つ道具その⑦)


 

対局に勝つために様々なアイテムがありますがそれらを入れるものが当然ながら必要です。小さめのセカンドバックであったり和風のきんちゃく袋であったり、最近話題になったのが藤井聡太プロの青いリュックサックです。

あれはいいですね!とにかく容量がすごい。7つ道具どころか10、20入りそうな感じです。藤井聡太先生は容量を優先させるみたいですね。

以上、プロ棋士たちは毎日のとてつもない努力のほかに少しでも勝つ確率をあげるためさまざまは工夫をしているのです。

細かい道具まで気を配る姿は尊敬に値します。将棋の盤面だけでなく対局のちょっとした道具に目を向けても面白いかもしれませんね。

それでは、また次回。



 - 将棋