映画カメラを止めるな!のイケメンゾンビ役は誰?素顔を画像で紹介

      2018/08/13

Pocket

 

みなさんこんにちは!

いま超面白いとSNSで話題が沸騰している映画「カメラを止めるな!」ってみなさんご存知ですか?

大ヒットしつつあるこの映画実は上映館数が当初2館だけだったのが2018年8月には全国150館に増える予定です。

勢いが止まらないこの「カメラを止めるな!」ですが出演されている方の中に気になるイケメン俳優がいるのです。そのイケメン俳優の素顔に迫っていきたいと思います。

Sponsored Link

 

映画「カメラを止めるな!」で出演しているイケメン俳優、長屋和彰を画像付きで紹介します


 

映画カメラを止めるなに出演されている方々はいずれも実力派ぞろいです。一般の方にはあまり知られていない俳優もいますので今のうちに覚えておくといいかもしれません(笑)私が注目しているのがイケメンゾンビ役で出演されている「長屋和彰」さんです。プロフィールを紹介します。

長屋和彰(ながやかずあき)さん1987年11月29日生まれの30才、身長は172cm、東京都出身です。2010年の映画「大奥<男女逆転>」がデビュー作です。

長屋和彰さんの特徴はなんといってもそのイケメンです。とくに横顔がイケメンなのですがみなさんどう思われますか?しかし、今回の映画「カメラを止めるな!」ではゾンビ役ということで素顔をあまり見れないのが残念です。

 

長屋和彰

 

俳優長屋和彰の過去の出演作品は?

イケメン俳優長屋和彰さんの過去の出演作品を一部紹介します。

・ボックス!(2010年)
・大奥<男女逆転>(2010年、御中臈役)
・軽蔑(2011年、黒服役)
・バクマン。(2015年、編集者役)
・狂恋(2015年、坂本恭介役)

など映画には多数出演されています。残念ながら主役級の役はまだですね。しかし「カメラを止めるな!」大ヒット確実な状況ですから長屋和彰さんの知名度は一気に上昇することでしょう。

本人も「(映画)が始まってすぐにアスミック・エースさんに名前が出たところですごくグッときました。僕もブレイクしたい」とおっしゃっていました。アスミック・エースというのは映画など映像関係を製作したり配信したりする会社みたいです。

そんな会社に自分の名前が出たことに感動されたのでしょう。人気俳優のまさに第一歩を踏み出した感じでしょうね。今後のブレイクを切に願います。そしてつぎつぎと主役の役が舞い込んでくることを期待しましょう!

 

Sponsored Link

 

長屋和彰の人柄は?撮影後の本人コメントから迫ります


 

長屋和彰さんは映画「カメラを止めるな!」のなかではいけ好かないイケメン役でしたが素顔は「さわやか好青年」、「物静かだがたまに遠くからツッコミを入れてくる」、「いいやつ」といった評判が上がっています。長屋和彰さん本人は以下のように語っています。

ワンシーンワンカットのゾンビもの場面では“男優”(最初の頃は下向宏太という役名がありました)、その実体は新進気鋭の若手俳優です!一つの作品の中で複数の役をやってる感覚でとても贅沢させてもらいました!

作品の中で3分の2はゾンビをしていた為、ほとんど素顔で出てません!!この素顔の時の若手俳優が中々に曲者で。演じる過程で嫌な奴にならないように気を付けました。こいつなりに大切なものがあり、それを貫こう、守ろうとしてるのだと。

あまり深く語ると言っちゃいけないところまで言いそうなので、、何故ほとんどゾンビなのか?素顔の時はどんな人物なのか?そこも楽しみにして頂ければと思います!撮影の思い出と言いますか苦労と言いますか…それはやはりメイクですね。。

ほんとに苦労したのは特殊メイクの下畑さんと中村さんだと思います。時間のない中で全身青くして、ゾンビメイクして、指やら傷口やらを血で赤く染めて…ほんとに有難うございました。

撮影も終盤になると自分も青くするのを手伝っていたのですが、自分で自分を青く染めているのは不思議な気持ちでした。誰よりも早く始めても終わる頃には他のキャストは終わっていて…。

他のゾンビーズとは違うゾンビメイク!それは何故か?!劇中でぜひ確かめてください!

上記 本人コメントより引用

 

このコメントを読んでもらえらばわかる通り心の中もイケメンですね。映画「カメラを止めるな!」の大ヒットともに長屋和彰さんもきっとブレイクしていくでしょう。

ところで長屋和彰さんだけほかのゾンビとは違うメイクをしていたとはいったいどういう意味なのでしょうか!?う~ん、きになります!カメラを止めるなのストーリー上大切な何かが隠されていそうですね。これ以上は劇場に足を運んで自分で確認するしかありませんね(笑)

では、また次回。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 - 映画