髭男爵山田ルイ53世の現在は?才能が開花した心に刺さる名言とは

   

Pocket

 

みなさんこんにちは!あゆむです。

今回は「一発屋芸人」と申し上げては失礼になるかもしれませんがお笑いコンビ髭男爵のツッコミを担当されている山田ルイ53世さんについておつたえしていきます。

山田ルイ53世さんは 2008年頃テレビを中心にブレイク、相方の樋口さんと共に忙しい日々を過ごされました。

今からもう10年前なんですね〜。時がたつのは早いものです。その山田ルイ3世さんの現在に迫ってみたいと思います。

Sponsored Link

 

髭男爵山田ルイ53世の現在は?高学歴の過去も紹介します


 

髭男爵山田ルイ53世(本名 山田順三)兵庫県出身。進学校で有名な六甲学院中学に入学、その後中途退学。大学検定を合格され愛媛大学法文学部に合格。

その後大学を中退されますが2008年ころお笑い芸人としてブレイクしました。10年前くらいですね。テレビに出ない日はないくらいに毎日出られていました。わたしは「〇〇やないかーい!」がツボにはまりまって繰り返し言っていた記憶があります。突っ込むとき相方のひぐち君をたたかないスタイルが好きでした(笑)

そんな山田ルイ53世さんですが中学時代にひきこもりの経験があるそうでがそんなことは社会に出ると関係ないですね。現在の社会では結果が求められますから過去のことはあまり関係なくなってきました。

その上、今はインターネットがありますのでそれを利用して様々な働き方も可能となってきました。山田ルイ3世さんもインターネットで活動をされて今それが話題となっています。

 

山田ルイ53世

 

山田ルイ53世の意外な才能が開花!「ヒキコモリ漂流記」とは?


 

髭男爵山田ルイ3世さんは一度ブレイクされた後、残念ですがテレビでの露出は減りました。しかしそれが逆に良いきっかけとなったのかはわかりませんが作家として才能が開花しました。

もともと地元の有名中学に入学できるぐらいの頭の良さがあったわけですので文才はあったのかもしれません。その著書「ヒキコモリ漂流記」(マガジンハウス)はご自身のひきこもり体験を書かれています。

挫折した人や悩んでいる人などはこの本から人生を豊かにするいろいろなヒントがもらえるはずです。興味がある方は読まれてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

 

山田ルイ53世が放った名言とは?心に刺さります・・・

 

髭男爵山田ルイ53世さんとひぐち君がとある田舎に営業に行った時のエピソードです。その時地元の高校生からこんな田舎に来るなんて終わっているとつぶやかれました。

それに対するコメントが「その厳しい目を自分に向ける勇気はあるか」という名言、私は大好きですね~。一生懸命何かをしている人に対して冷笑するという行為は自分自身が損をしているように思えてなりません。そのことを山田ルイ53世さんはズバッといってくれました。

文才もあるしコメントも知的で非常に面白い山田ルイ53世さんが再ブレイクする日も近いのではないでしょうか。今後の活躍に期待です。

では、また次回。

今回も最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

 - 芸能 , , ,